続編なんかいらないよ!

web 上でファンの声を眺めてみると、続編を望む声が結構あるようです。し かし、私は続編なんかまっぴらごめん派です。まず第一に、あの続き を作ったってそれはまず真中と西野のイチャラブから始まることになる。 そういう将来があるであろうこと そのものには別に文句はないですが、その姿をわざわざ具体的に描き起こし たものを読みたいかと言ったら、そんなものはまったく目にしたくはあ りません(冗談じゃないですよ)。まあ、だからこそ西野派は続きを 欲していて、「場合によっては結婚する所まで」と単純に願望を膨らませている、 という事情はよくわかりますが。

それから、東城派(あるいは、北大路派もそうでしょうが)でも続きを希望 する人が一定数はいますね。そういう人たちは東城(や北大路)に真中に対する 好意がずっと変わらず残っていて、西野との間で「真中争奪戦」が再び繰り広げ られることを期待しているわけですが、それも私は断固お断りです。 そんな未練が残っていて、中高時代と同様の関係に戻ってしまうんであっ たら、最終盤でせっかく辛い思いを振り切った東城の気高い想いと決心、その後 の再起と成長をぶち壊しにしてしまう。あのクソロクでもない終盤の、 たった一つと言っていい救い(仮初のものであったとしても)を、ほとんど無意 味なものにして色褪せさせてしまうようなことは絶対にして欲しくありません。 それは、東城派が自ら東城を裏切ることになってしまうじゃないですか。それに、 それだとせっかく「相手を決めた」はずの真中の決心や、諸々のことに心の整理 をつけた西野の決意までもが意味を失ってしまう。それも絶対にして欲しくない です。

同じ理由で、東城派による「その後」の二次創作というのも、私はほとんど 評価できません。そうやって「東城の、真中に対する未練」なんてものに惨めっ たらしく縋ったりするから、安易で自 己中心的な西野派に結ばれたら幸せで他は不幸せって考えている カプ厨には、東城を幸せにするのは難しいだろうな〜などと見下されてしま うんですよ。そういった、自分の身勝手さに気づいてすらいない視野の狭い 西野派に、その考えの浅さ・思い上がりを思い知らせてやらないでどうするんで しょうか。

本編後の二次創作として辛うじて許容できるものは、10年経った今でも 「ラストシーンは 君と」しか私は見出せていません。これは、東城が一度は完全に真中のこと を吹っ切っていた(つまり、「未練」があったわけではなかった)、という話に なっているので、何とかギリギリ認められますが、これが限界ですね。やはり、 「雪の日の別れ」以降の東城の気高い決意と再起を台無しにしてしまうような二 次創作は無条件で落第とせざるを得ません(それが、 トップページのリンク集で、東城派による「本 編後」の二次創作にほとんどリンクを張っていない理由です。今の所、私の目に 止まる範囲内では、「ラストシーンは君と」以外は全部それに引っ掛って何の価 値もない駄作になってしまっています)。

やはり私が欲するものは「続き」ではなく、本編の途中から枝分か れするパラレルストーリー、アナザーバージョンただ一つです。河下 先生がそちらでちゃんとした「東城の想いが存分に報われる」話を描いてくれさ えすれば、東城派は(少なくとも私は)頭の中で勝手にそちらを「真の結末」と 認定して満足に浸れますから、それで十分です。

続編の公式アナウンス [2017,3/27]

だから 続編なんかいらないと言ってるだろうがああ!!!(笑)

しかし、現在の連載作はどうするんでしょうね。もう畳んじゃうんでしょう か。そうではないことがわか りましたそれとも同時進行?( 河下センセの手の早さなら、アシ スタントに恵まれれば月刊なら同時進行もできないこともないのかな…)可能性 としては、連載は連載でも「短期集中連載」なんでしょうか。それならまあわか りますが。

そして、もっと重要なこととして、一体どんな内容にするつもりなんでしょ う?「続編」「East Side Story」という報道通りだとすると、東城がメインに なるんでしょうが、だとするとあの後描くべきことなど特にないですよねえ。そ ういう意味での「東城の物語」は綺麗に終わっていて、卒業から4年間の話にし ろ、「4年後の再会」の後の話にしろ、これ以上の話は蛇足です。それに、それ だとファン層の大多数を占める西野派にとっても、少数の東城派にとっても需要 は乏しく、一体誰に向かって描くのか謎です。また、 “過去作品を 一切振り返らない性格”という桃栗センセの性分からすると、「作者として まだ描きたいことが残っていた(新たに浮かんできた)」ということもないでしょ うし。

数日前から噂は目にしていたものの、そういう事情を考えると到底信じられ る話ではなく、おそらくガセだろうと思っていたのですが…。まあ続報を待つと しましょうか。

【追記】 後から思ったことですが、「次世代の話」にす る、という可能性がありますね。その場合、「East Side Story」という副題か らすると、東城の娘がメインになるのでしょう。

あと、話は思いっきり逸れるのですが、副題が ドラマCD5の「EAST SIDE」「WEST SIDE」 と共通していることを考えると、ドラマCD5の副題は河下先生が付けていたんだ ろうな、と推測されますね。

「なぜこの時期になって今さら突然?」についてですが、ひょっとしたらジャ ンプ移籍時に誘ってくれたという編集者が、今は GIGA にいて声を掛けた…とい う事情があったりするのかも、という可能性に思い当たりました(いや、ジャン プ系の編集者の異動情報なんか全然知らない(追っかけていない)ので、何の根 拠もない思いつきの当てずっぽうですが)。[2017, 4/20] 河下先生自身がちょっと語ってくれました

そう思ってみると、

今日は少年マンガ時代の担当さん、一昨日は少女マンガ時代の担当さんと会った。懐かしい人に会うっていいですね。楽しかったし、いろいろ刺激ももらったし、マカロンももらったのでさっき食べました pic.twitter.com/tNZwfHYFgH

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年2月5日

少年マンガ時代の担当さんというの はそれなんじゃないかなあ、という風にも思えてきます。

【再追記】 ああ、 大体の疑問点については、河下先生自身が説明されてましたね。

らしいというのは記事を目にした方々と私の受け止め方が若干違っているからです。
まず今回の「連載」は「続編」という感じではなく、どちらかというと「番外編」だと私は思っています。

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年3月27日

そして「連載」ですが、私は現在他の雑誌で別のマンガを連載中なので、いちごに関しては少なめのページでの短期連載になる予定です。そういう訳でボリューム的にも「番外編」だと思っているのです。

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年3月27日

あと「群青に〜」はとりあえずまだ終わらないよ!

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年3月27日

やはり短期連載なのですね。控えめな分量で番外編的な内容というと、やっ ぱり東城の後日談的な話を少しだけやるんでしょうか。それとも娘の恋模様を匂 わせる程度の話?いずれにしろ、私が懸念していたようなひでえ話には、なると してもそれほど傷を深めるようなことにはならないようで、そこはちょっとだけ 安心しました。

まあ、東城が新たに小説を書いていこう、と決意するまでの話…あたりです かねえ。

ちなみに、

2017年もあっという間に3月。この春は他誌にも少しだけですがお邪魔する機会をいただきました。発売日が近くなったらまたお知らせします(^o^)

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年3月3日

というのはまさしく今回の話だったんでしょうね。

[2017, 4/3] ふーむ、 やはり娘世代の話?東城本人とは若干雰囲気が違うような気がします。これ が10年以上経つうちに画風が変化したものなのか、別人として描いているのかは 判断が難しいですが、個人的には別人に思えますね。(つーかあの衝撃の発表か らもう1週間経つんですか。早いよ)

まあ、「続編」であっても12年も経てば河下先生がこうやって描く気を起こ してくださることがわかったので、さらに12年もすれば東城ルートの分岐話に手 を染める気まぐれを起こしてくださるかもしれない――という希望を今後12年間 の生きる支えにしていくとしましょうか(そこまでなのか(笑))。

その後の展開

なるほど、今回のいきさつはこういうことだったんですね。

ジャンプGIGA発売10日前ですね〜。
改めて、何故2017年の今になっていちごの続編を描くことになったのか?というと…→

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年4月17日

→1月半ば、5分で消したツイートがありました(見た人いるかな)。「月10ページでラブコメ連載したい」というような内容をつぶやいたんです。毎日男ばっか描いてたので女の子描きたいな〜と思って。でも現実になったら大変だと思って即消したんですが…→

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年4月17日

→それをたまたまジャ●プの編集さんが見ていて、その方がたまたま4月売りのGIGAを担当するということで、いろいろあって今回の連載に繋がったという…。
ツイッターって怖いですね!怖い!怖いよー!

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年4月17日

「現実になったら大変だ」→現実になる、の流れがコントみたいで面白いで すね(笑)。

East Side Story 所感・雑感・感想

どうしようかかなり迷いましたが、仕方ないので観念してジャンプGIGA買い ました。2回目以降どうするかは未定ですが、ひとまず第1回を受けての所感を 箇条書き的に書いてみます。

[2017, 5/27] 2回目も買いました

第1回

で、一番肝心な内容面についての話なのですが。

上でも書いた通り、私は真中への未練が東城の中に残っている、なんていう 話は金輪際お断りなので、今回の話はかなり残念と言わざるを得ませ ん。大学2年にもなって、真中と顔つき・雰囲気・名前が似ている相手につい真 中を重ねて見てしまい、慌てた際に不意にその想いが口から零れてしまう―とい うほどに強い未練が残っているなんてことにはして欲しくなかった。卒業式での あの答辞をしっかりとやり遂げたことや、その後で真中に「あたし これからは やれることたくさん頑張っていくから―真中くんもまた素敵な映画作ってね…」 と何の動揺も見せず清々しく告げられたことからして、卒業式の時点ではもう真 中への想いには今度こそ整理をつけられていたはずでしょう?そして、だからこ そ4年後にあれだけ堂々とした姿を見せられるほど成長できたんだなあ、と実感 でき、信頼できたんでしょう?だからこそ、辛い経験を経て真中を吹っ切ること ができた東城の気高さに心打たれたわけでしょう?なのに、卒業から丸1年以上 経ったはずの時点で、東城がこんなに脆く動揺してしまったら、そのことと矛盾 しちゃうじゃないですか。端的に言って「ぶち壊し」に近いですよこれ。

そこをかつての描写と矛盾なく描こうとしたら、上で私も書いた通りもう東 城に関しては描き切っていて、これ以上描くべきことなどないので話が作れなく て困る…という事情はわかるのですが(しかし、それだったらそもそも続編の企 画自体、乗る必要もなかったんですけどね…。 上で書いたような事情があるにせよ、河下先 生が本当に「再検討したけど、もう描くことは残ってない。描けない」と頑とし て突っぱねれば、それを覆してまで描かせるほどの強制力があるような企画では なかったでしょうに。あるいは、どうせ番外編にするなら、唯が京都に遊びに行っ て、北大路とつるんで美鈴と内場を冷やかしに行く…みたいな、深刻さの欠片も ない無難極まる話でもよかったんですよ?それなら心置きなく 気軽に読める話ですし)。

似たような展開は、本編の終盤にもありました。 一度は「思い出の屋上」で、 自分の道を見つめて別々に進んでいこうと真中への想いに整理を付けたような描 写がありながら、その後それがまるまるチャラにされてまたズブズブと真中への 未練に引きずられ、囚われていった東城。せっかく、もうこれ以上辛い想 いはしなくて済むように、真中への未練を断ち切った(作者に断ち切らせてもらっ た)はずなのに、そしてその気高さを東城派読者はほんの微かなせめてもの慰め として(ほとんど自分を騙すような心持ちで)受忍していたはずなのに、ストー リーをドラマチックに盛り上げる作者の都合のために再度コロッと描写を引っく り返されて真中への想いを募らされ、東城の想いは読者をやきもきさせるための ほとんど単なるダシとして弄ばれる。それがまた繰り返されています。

河下先生、そんなの残酷ですよ!余りにひどい。東城は、 東城の想いは、ストーリーを揺さぶるためだけに何度叩き起こされ、翻弄されな ければいけないのですか?東城の心の平穏と、せめてこれ以上その価値を毀損さ れたくないと願う東城派の祈りは、何度踏みにじられなければならないのですか? 「東城の未来の幸せは約束されている」、河下先生は最終巻のオマケページでそ う書かれました。それはもちろんわかっています。信じていますよ、絶対そうな るであろうことは。それ自身は既に既定の事実です。でもそこに至る過程で、 またこんなにも辛い想いを東城に味わわせる必要なんてないじゃないですか 。「心の傷は徐々に癒えていき、特にこれと言った波乱もないまま、真中 とのことは『いい思い出』に変わっていき、平凡だけど誠実な新しい恋をして、 実らせる」で何がよくないんですか。それこそが、あの身を切られるように辛い 想いを何度も味わわされた東城に与えてやるべき、せめてもの行く末だったんじゃ ないですか?そんなささやかな願いが、どうしてこんな無残な形で裏切られてし まうんでしょうか…。悲しいです。ただひたすら悲しいです。

そりゃあ私はかつて(もう10年以上も前か…(笑)) 東城が余りにも短期間でスッ パリと真中への想いを断ち切る決断をしたことの、マンガ表現上のチグハグさを おちょくりましたよ?だけど、そのチョンボを解消するのに、「実はやっぱ り東城は真中への未練はそっくりそのまま残っていました!」とやっちゃったり したら、せめてもの慰めとして受け入れていた最後のまともさ「立ち直った東城 の気高さ・尊さ」までなかったことになってしまって、むしろ逆効果 じゃないですか!!そういうのを「本末転倒」と言うのです。一体何をやってい るんだか…。あの卒業式の東城の笑顔の裏に、真中への想いが昇華され ずにまだ残ったままだったなんて、東城が余りに針の筵過ぎてやり切れなさ過ぎ ます

ただ同時に、今回の短期連載の話の持って行き方はほぼ見切りました。「始 めは真中と重ねて見てしまったけど、今は違う。中間は中間として見ている」と いう話にして、それによって真中との思い出にケリをつける、というのが落とし 所なのでしょう(その部分だけ取り出せば、まあ評価できる点もなくはないので すが…)。その結果として中間と恋仲になるのか、「中間のことはそういう目で は見られない」と告げて彼の将来にエールを送る締めくくり方になるのかはまだ どちらになるかわかりませんが(事前に出ていた予告アオリに「新たな恋」云々 という文句があったような気がするので、まあ前者になるんですかね…)。

なお、「東城が真中以外の男に心変わりをする所 なんか読みたくない。それが男性読者の心理だ」とか「こんなの寝取られじゃな いか」などとほざく東城派がいるみたいですが、そんな愚劣な意見は当然論外で す。そんな奴ぁ、すぐ反論されているように、東城自身の幸せを願ってやれない、 東城派の風上にも置けないようなどサンピンですよ。そういう意見の 持ち主の本心を見通すのは簡単で、まず彼らにとっては「真中=自分」であって、 東城が真中を愛していたのは、「自分が」東城に愛されていた、東城と相思相愛 だった、ということなわけです。んで本編で結局真中は西野を選んでしまったけ れど、それは自分の力ではどうしようもない不運な事故みたいなもので、「自分 の」東城への想いが冷めてしまったわけでは全然ない。だからそこから東城の心 が真中以外の男を向いてしまうと「自分が」東城に振られてしまうように感じて しまうわけです。それが連中には不都合だからそういう妄言を垂れ流すのですね。 そんなの、「西野が」好きなんじゃなくて、 「西野が、真中(=自分)とくっつくことが」好き、あるい は「西野が自分の思い通りに振舞ってくれることが」好き、 というだけで「自分の願望・欲望のため“だけ”に西野を傀儡としていいように 扱っている」雑魚西野派と五十歩百歩のウスノロです。私に言わせれば、そ んなボンクラ共は東城派西野派問わず十把一絡げのスカタン三下ですね。

たかすぃさんはそういった そこらへんの有象無象のヘボ西野派と違って、 「俺は西野が好きだ!真中(=俺)が西野と結ばれて嬉しい!」ということをス トレートに表明することに徹していて、「西野の方がキャラとして東城より優れ ていた」とか「だから西野が最終ヒロインとなったことには正当性や意義や価値 があるんだ」という類のこじつけは言わない方なので一目置いています。た だ、それほどの方であっても、ここで東城にまだ真中へのこんなに強い未練が拭 いがたく残っているということに対して、「それじゃせっかく最終盤の 東城が築き上げた尊さが台無しになってしまう」という拒否反応はまっ たく出てこないのですか。確かにこの方は東城に対しても十分以上の好意を持っ てくださってはいるのですが、それでもその関心の大半は西野にこそ向かってい て、東城のことは所詮他人事に過ぎないのですね…。こんな重大な事柄を、今度 の短期連載を盛り上げる題材として取り上げることしかしていないし、そのこと の問題点もまったく意識されてないことには失望されられました。

もうこうなったら、「次の機会」があったら今度こそ「東城ルート」の分岐 ストーリーを描いてくださるよう、盛大に要望を送りつけてやりましょう、東城 派の皆さん(笑)。と言っても、河下先生のツイッターに送るのは意味がないと 思います。河下先生のツイッターは本来現行連載の告知・宣伝目的なので、読者 からの要望の類はあんまり気に留めずに流してしまっていることでしょう。また、 実現のためには、その「場」を作る立場の編集者の力も重要ですが、作者のツイッ ターに送ったメッセージは編集者を素通りでまったく目に止まりませんから、そ ういう要望がどれくらいあるかというのが編集者に可視化されにくい。ただ単に 「言ったっきり」になってしまうだけでしょう。それを考えると、「ファンレター を送る」という地道な手が結局は最も効果が高いんだと思います。宛先は p.388 柱に書いてありますが

〒101-8050 東京都千代田区一ツ橋2-5-10 集英社 週刊少年ジャンプ編集部気付 河下水希先生

ですね。また、私が買った GIGA は電子版なので、アン ケートハガキは付いておらず、紙版に付いているかどうかもよくわからないので すが、もし付いているようだったら紙版を購入された方はアンケートハガキを送 るのも十分効果的なのではないかと思います。

第2回 [2017, 6/14]

冒頭の東城のモノローグでだいぶ救われた所があります。詳しくは後述。

冒頭のモノローグで、東城が卒業式の時点ではちゃんと真中のことを吹っ切 れていたという自覚があった、とわかって、第1 回で大いに文句をつけた不満がある程度軽減されました。別にずーっと引き ずっていた訳ではなくて、今回唐突に沸き上がってきた感情だったのですね。そ れならばまだ「ぶり返し」かどうかもはっきりしないわけで、第1回を読んでの 想定よりはだいぶマシな話になりました。(もちろん、「そんなことにはまった く動じない」方が本来あるべき姿で、そちらの方が遥かによかったですが…)

しかし2回続けて東城は走り去って逃げ出した状態で終わり…となっていて、 東城派としては逃げてばかりではなく東城にはもうちょっと強くなって欲しい。 次回は違った展開を望むところです。


トップページへ
全体のトップページへ
井汲 景太 <ikumikeita@jcom.home.ne.jp.NOSPAM.>(迷惑メールお断り)
最終更新日: 2017年6月14日