河下先生のツイート

昨年開設された河下(桃栗)先 生の twitter アカウントは、当初は開設時の発言通り現連載の宣伝専用に 使われていたのですが、最近になってそれ以外の話題もチラホラ見られるように なってきました。そこで、本コーナー的に興味を惹かれる話題については、随時 てきとーに取り上げて行こうかと思います。

東城・西野のキャラデザ

話は変わっていちご100%の裏話。
東城のキャラデザは当時の担当さんが信じていた「男は黒髪セミロングで優しい女の子が好き!」という意見を元に作りました(いえ、私もそんな気しますが)

一方つかさは私が勝手に作ったイレギュラーなキャラなのですが、実は彼女にはモデルがいるのです…→

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年4月12日

え、東城のキャラデザって、担当の意見も何もりりむそのまんまじゃ ないですか…(笑)。まあ、ここで河下先生が「キャラデザ」って言ってるのは、 話の内容からするとビジュアル面のことだけじゃなくて、性格も含めた「キャラ クター創り全体」のこと、ということなんでしょうかね。

そして西野についてですが、「モデル」というから実在の人物がいるのか!? と当初ややテンションが上がりましたが…

→私はその頃、拙著「あかねちゃんOVER DRIVE*」というマンガを気に入っていて、あかねちゃんの髪の毛を少し短くした姿がつかさのビジュアルになったのです!(ちなみに性格は全然違うけど)

※20年前に描いたドタバタTSもの。全2巻だよ!(あれ、CM?)

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年4月12日

というわけで納得。確かにあかねと西野のキャラデザに は明確なつながりが見てとれますね。

どこかで書いた気もしますが、ビジュアルはさておき、序盤の頃は担当さんのつかさに対する性格の要求が厳しくて(結構掴みにくい性格なので)苦労したなぁという記憶があります。
私が生んだキャラに「違う」って何だよ!とヤケクソ気味にネームを描いていたのも今ではいい思い出…

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年4月12日

ああなるほど!このコーナーでもちょくちょく言 及している、JC7巻のおまけページの「性格がつかみにくくて苦労している難産 キャラ」というのは、単に「自分の中の漠然とした感覚が『こんな性格じゃ ない』とダメ出ししてくる」というわけ(だけ)じゃなくて、「当時の担当編集 者が思い描いていた性格を」掴むのに苦労していた、ということだったのですね! なるほど、それならば西野が(特に再 登場後は)まったく何の中身のない出来損ないの木偶人形だったことにもよ り合点が行きます。西野というキャラの内面は最初っから河下先生の 中にはどこにもなくて、一から十まで「外付けの」ものだった のですね。それであんなに徹頭徹尾、まったく内面というものが感じ られない、紛い物のがらんどうキャラになってしまっていたというわけですか。 納得が深まりました。

手の早さ [2017, 7/2]

結構驚きなことに、河下先生ご本人は速筆ではないという認識をお持ちでし た。

というわけで私が速筆という噂?について。
正直全く速筆じゃありません!週刊連載の頃は速筆にならないと原稿が仕上がらなかったので頑張って速く描いていただけです。あの頃妥協していた部分を今は描き込んでしまうため、すっかり遅くなってしまいました(あと年齢的なものもあるし…)

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年6月8日

謙遜ではなくて、本当にそう思ってらっしゃる節が感じられます。ただ、確 かにいちごの連載初期の頃はカラー原稿なんかにイマイチのものがちょくちょく 見られる感じでしたが、連載終盤に入っ てからは、やはり尋常じゃない分量の仕事を、連載原稿の質を落とさず並行して 仕上げていたと言えるのは間違いないと思います。一口に「速筆」と言って もその内実は色々ありうるとは思いますが、少なくとも今述べたような意味で河 下先生が「大量の仕事を、短期間に上げていた」という評価は客観的に見ても適 切なものだと確信できます。

最終ヒロイン変更について [2017, 11/16]

でも女の子1人じゃラブコメ的に寂しい、そこで新たな女の子キャラを登場させる。主人公はその子にフラッと想いが揺らぐ(じゃないと第2ヒロインが魅力的に見えないから)。だけど主人公はその子と結ばれちゃダメ。なぜなら初期から登場してる第1ヒロインと結ばれなきゃ不誠実な主人公になっちゃうから。

— 桃栗みかん/河下水希 (@m_momokuri) 2017年11月12日

その理屈通りだとすると、最終ヒロインを西野に変更してはいけなかったは ずなのに、何でそんなことをしたのか?…というのは重大な問題ですが、それは ひとまずおいておきます。一般論としてなら、第1ヒロインと結ば れなきゃ不誠実な主人公になっちゃうとは必ずしも言えなくて、それは固定 観念に縛られた考え方だと思います。やり方は色々あるでしょう。うまく実現で きれば達成感もあるでしょうし、そういう困難な目標に挑戦することにやりがい を覚える作家さんも少なくないと思います(河下先生がそういうタイプかどうか は別として)。

ただ、この作品の場合はその変更の仕方が余りにひどかっ た。相手の不誠実さが原因で自分から振った 相手に、理由もなく無条件でぞっこん惚れ込むという支離滅裂な展開を延々と続 け、しかもその手当てをするでもなかったまま、真中のことを「あんなにも」 恋い焦がれる理由に満ちあふれていた東城から真中を無理矢理巻き上げて、 真中を「そんなにも」好きになる理由など皆 無な西野に着服させるような見るに耐えない惨劇を繰り広げた… という点は(たとえ週刊連載という過酷な舞台で先の見えない舵取りをしなけれ ばならなかったことの結果論であったとしても)弁解の余地なく非難されるべき ことだと思います。しかもその過 程で西野は何の努力もせず、ただご都合主義という名の神輿に担がれて東城を 「出し抜かせてもらった」だけという、目をそむけたくなるような悲惨で貧 弱な物語構成でした。それは、12年以上経った今でも弁護することはできません。

河下先生も、どうせツイッターで触れるなら、そういうもっと肝心な点 について背景などに触れて欲しいのですが…。


トップページへ
全体のトップページへ
井汲 景太 <ikumikeita@jcom.home.ne.jp.NOSPAM.>(迷惑メールお断り)
最終更新日: 2017年11月16日