☆再販版 CD およびサウンドトラック III

2005年7月から11月にかけて、プリンセスナインのCDが フェニックスエンタテイ ンメントより通信販売でリリースされました!ラインナップは以下の通り、 放映当時にコロムビアからリリースされた 旧譜3枚の再販と、新規リリースされたサウンドトラック III です。

  1. 2005, 7/25 プリンセスナイン・ソングコレクション& BGM VOL3(新規リリース)
  2. 2005, 9/25 プリンセスナイン/BGM VOL1 (旧譜再販)
  3. 2005,11/25 プリンセスナイン/BGM VOL2 (旧譜再販)
  4. 2005,11/25 プリンセスナイン/CDドラマ「燃える 対決!裸のナインたち」(旧譜再販)

旧譜の再販分については、いずれもボーナストラックが追加されています。 また、「オリジナル音源よりリマスター!」と謳われていますが、問い合わせた 所、プリ9についてはリマスターではっきりとした音質の向上は見込めなかろう、 とのことでした(実際、私の耳では違いはまったくわかりません)。

サウンドトラックIII

今回の企画の目玉とも言うべき、待望のサウンドトラック第3弾です。これ まで機会のある度「第3弾希望」と言い続けてきた甲斐がありました!

前半が【ソング・コレクション】、後半が【BGM VOL.III】と位置づけられて いて、トラック一覧は以下の通りです。

【ソング・コレクション】

1:プリンセスナイン
2:WINGS
3:イズミ……Spring Rainy Day
4:化石の街で
5:ドリームスタジアム
6:PASSIONATE DAYS
7:プリンセスナイン(金月真美 Ver.)
8:PASSIONATE DAYS (金月真美 Ver.)

【BGM VOL.III】

9:アイキャッチC
10:父への想い
11:夢
12:ナインの祈り
13:夢の彼方に
14:ヒカルと誠四郎
15:ユキ
16:様々な想い
17:地区予選準決勝
18:私たちの戦い
19:ドリームスタジアム/TVサイズ
20:エピローグ
21:WINGS(Instrumental Ver.)
22:化石の街で(Instrumental Ver.)

表紙は、これまでの CD・DVD には(紙媒体でも)収録されていない山下絵。 どっかで見た覚えはあるので当時作られた宣伝素材の一つであるのは間違いあり ませんが、ダブリ感を感じさせないセレクトが嬉しいですね。サウンドトラック I の表紙も同じく、CD・DVD 未収録の山下絵です。惜しむらくは、いずれもピン トが若干甘めな所でしょうか(「ピントが甘い」のとはちょっと違うかな。もう ちょっとシャープさが欲しい)。

裏面はアイキャッチで使われた、2頭身の涼とユキ。涼とツートップで配置 されるキャラがなぜいずみではなくユキなのかは謎です(笑)。長沢美樹・金月 両名以外に、唯一歌があったキャストの川澄綾子の曲が収録されている巻だから でしょうか。いずみには Vol.1 のヘッドをつとめてもらおう…というわけでも ないようですし。

カラーの解説カードが封入されており、音響監督の吉田知弘氏による「プリ ンセスナインよ永遠なれ」と題したコメント・収録楽曲の解説が収められていま す。

カードには本編引用カットもちょこっと収録されていますが、なかなかよさ げな所から持ってきてますね。野球の試合してるカットがひとつもないですが(笑)。 旧譜 Vol.1, Vol.2 は中が単色だったのがちょっと単調だったので、ページ数が 減ったものの、カラー化されたのは単純に嬉しいです。賑やかな感じがいいです ね。

BGMパートでは、何と言っても、未収録だった 曲のうち最大の懸案だった「私たちの戦い」が CD で聞けることに快哉を叫 びたいです。それから、個人的には「ヒカルのテーマ」のイロモノバージョン (オンナのコ作戦)じゃない、オリジナルの方が収録されたことが特に嬉しいで すね。よかったな、ヒカル!

「ソング・コレクション」パートは「金月真美・オン・ステージ」といった 感がありますね。金月さんは、芝居はさておきやっぱり歌は上手いです。本格的 にトレーニングを受けた経験があるのかな。

この CD は、「『化石の街で』関連はとにかく全部網羅しておこう」という 裏テーマがあるような感じもしますね。川澄さんの歌(やっぱりヘタだよ(笑)) ・本編使用 BGM・メロオケと、入れられるものは全部入れたような印象を受けま す。

なお、トラック3の「イズミ……Spring Rainy Day」の作曲者名が誤って天 野さんと表示されてますが、当然ながら本当の作曲者はシューベルトです。

サウンドトラック I

未収録楽曲10曲からなるボーナストラックは以下のようになっています。

23:アイキャッチA
24:日本一のおでん屋さん
25:回想
26:緊急理事会
27:桂子の想い
28:フレンドシップ・フォーエバー(Piano Ver.)
29:部員は3人!?
30:朝食の風景
31:燃えるダイヤモンド(Drums Additional Ver.)
32:プリンセスナイン(Instrumental Ver.)

装丁は旧譜とガラリと変わり、Vol.3 と揃ったものになっています。裏面は アイキャッチの2頭身キャラ、真央・いずみ・加奈子・小春ですよ。

旧譜の封入ブックレットはなくなり、代わりに Vol.3 と体裁の揃った封入解 説カードが入っています。カラースチルに、Vol.3 とは違って今度は野球のシー ンもちゃんと入ってますね!(笑)

それから、アニメージュの1998年7月号に掲載された書き下ろし大判イラス トも縮小して再録されてます。今となっては希少価値のあるイラストですので、 よかったのではないでしょうか。え?サイズが小さすぎる、ですって?………あ まり大きな声では言えませんが、このイラスト、細部が割と荒いので、これくら いのサイズの方がむしろいいと思います(笑)。(キャラクターデザインの橋本 氏の名前がクレジットされていたのですが、本編の作業で忙しい所、急遽依頼が きて…というような事情だったんですかね)

旧譜ブックレットにあった伊達・吉田両氏のコメントはそのまま再録されて います(きちんと見比べたわけではないので、多少の違いはあるかもしれません)。 III と違って、新たなコメントは追加されていません。

…ところで、オープニングテーマの歌い手の並び順が、金月→長沢の順にク レジットされてますね。旧譜では逆だったのですが。やはり「事実上、金月さん がメインボーカルで長沢さんはオマケ扱い」ということが公式見解になったので しょうか(笑)。

ボーナストラックでは「燃えるダイヤモンド(Drums Additional Ver.)」 が印象に残りました。ドラムが入るとまた違った迫力がありますね。これが本 編で使われたかどうかはよく覚えていません…。

名シーンで使われた「日本一のおでん屋さん」が収録されたのは嬉しかった です。いい曲ですよね。その他、これまで聞きなれた様々な曲のアレンジ版が 収録されていて、シリーズ前半の雰囲気が甦ってきますね。それにしても「緊急 理事会」とはまたずいぶん渋い選曲です(笑)。

サウンドトラック II

Vol.2 の未収録楽曲ボーナストラックは以下のようになっています。

21:アイキャッチB
22:勝った者と負けた者と
23:プリンセスナイン(Accoustic Guiter Ver.)
24:逆転満塁さよならホームラン
25:いずみのテーマ〜宏樹のテーマ
26:それぞれの想い
27:活動停止!?
28:父の思い出
29:次回予告・夢
30:PASSIONATE DAYS(Instrumental Ver.)

10話ラストを飾った「逆転満塁さよなら ホームラン」が収録されているのが何と言っても嬉しいです!いやー、改めて聞 くと惚れ惚れするような名曲ですね!ブラボー!!これで、めぼしい未収録曲は ほぼ網羅されたと言ってよいのではないでしょうか。 16話についた 17話予告のBGM もいよいよ登場しました。

ジャケットはエンディングのナイン+寧々をコラージュしたもの。裏面はや はりアイキャッチの2頭身キャラで、寧々・ヒカル・聖良・陽湖の4人です。こ れで Vol.3, Vol.1 と合わせて9+1人全員が揃いましたね。万歳!

封入解説カードには、旧譜 Vol.2 のブックレット表紙・裏表紙のイラストが 再録されています。これは今泉さんによる完成度の高いイラストでしたから、ま たこういった形で見られるのはグーですね。また、カード内側には Vol.1 と同 様、旧譜ブックレットでの望月・天野・後藤各氏のコメントがそのまま再録され ています。

………そう、「そのまま」再録なので、「Vol.1 でのクレジットミス を修正云々」の天野氏のコメントもそのままです(笑)。これは何とかな らなかったもんでしょうか。なお、こちらも I と同様、新規コメントはなしで す。

[2006, 3/19] 再販版では、トラック5「訣別 のテニスコート」のタイトルが「決別のテニスコート」と誤植されています。

ドラマ CD・燃える対決!裸のナインたち

ドラマ CD にもボーナストラックとして未収録 BGM が少しだけ追加されてい ます。

13:檻の中のカナリア
14:いずみさん、あなたが欲しい!
15:WINGS(Scatt Ver.)

トラック14は第7話ラストにかかった、 最後でやけに盛り上がるバージョンの「お嬢様のテーマ」です。

封入カードには、やはり旧譜ブックレットの表紙・裏表紙のイラストが再録 されています………が、木戸と高杉の部分はカットされてしまっています ね!(爆笑)サイズの関係でちょうどその辺りで切れるようになっている のは確かなのですが、まるで狙ったかのようにそうなっているのには大笑いです。

また、旧譜ブックレットの本文・イラストはそのまま解説カードに再録され ています。これまた、新規コメントはなし。

Vol.2・ドラマ CD ともに、収録イラストの担当者として今泉さんの名前がク レジットされていないのは減点材料ですね。旧譜ブックレットにはちゃんと名前 が載っているのに。

[2006, 3/21] 旧版と再販版では、チャプター のタイトルに以下のような微妙な違いが認められます。

終わりに

終わってみれば、当サイトの超ほったらかしコーナー「 ミュージックファン投票」(つい先日、投票してくださった方が出ました ね。ありがとうございます)で名前の挙がっていた旧譜未収録曲は、他作品から の流用曲を除きすべてボーナストラックとして収録されました。III の解説で流 用曲に関する吉田さんのコメントもありましたが、もし当コーナーがボーナスト ラックの選定に僅かながらでも寄与したのだとしたら大変光栄に思います。

ともあれ、これでプリ9関連の CD は出揃ったことになります。特に、念願 だった Vol.3 を、千載一遇のチャンスを捉えてリリースしてくださった関係者 の方々の努力に心より感謝を捧げたいと思います。ボーナストラックも通じて未 収録曲もほぼ網羅され、プリ9サウンドを CD の形で手許に置くことができて、 何よりも嬉しいです。本当にどうもありがとうございました!


プリ9のトップページへ
全体のトップページへ
井汲 景太 <ikumikeita@home.jcom.ne.jp.NOSPAM.>(迷惑メールお断り)
最終更新日: 2010年5月16日