パンツマンガのはずだったのに…

このマンガは「何の必然性もなく繰り出されるパンツの嵐」や「どんな小さ なきっかけからでも発生する身体密着型アクシデント」を繰り返す、誰が見ても 立派なパンツマンガで、そのシチュエーションの余りの強引さや、そ れを平然と構築する手際のよさを「見所」として観賞するマンガでした。当然ス トーリーは2の次で、むしろ「いかに意外性のある、無茶苦茶な展開に持ち込む か」こそが重要だったわけです。

ストーリーマンガとしてはもう破綻しまくっていて、「後先考えずに思いつ きだけで行き当たりばったりにネーム切ってる」ことは、これまでの展開からはっ きりしています。一旦「友達宣言」し たはずの北大路を節操なく再参戦させたのは『先の展望』の読みが極めて杜撰で あることを表していますし、「その場凌ぎ」の白眉が合宿中の無人島の回や、 合宿から帰った直後の東西南北鉢合せ公園デートの回ですね。もう無内容を絵に 描いたような回で、ついに1エピソード内ですら整合性が保てなくなって発狂し ている回です。

………ところが終盤、作者はストーリーマンガを指向す るんですね。いや、それはそれで別に構わないんです。ちゃんとそれにふさわし い作りのマンガになっていさえすれば。だけどそれまでストーリーマンガとして は非常にお粗末な所を多々見せていたこの作者には無謀な試みで、以下に見るよ うに見事に馬脚が現れちゃっているんですよね。(だいたい、当初の予定を全面 変更して西野を真中の相手にしようなんていう無茶をするなら、 編集がブレー ンとしてしっかりストーリーをフォローしなくちゃいけないでしょうに、何をやっ ていたんでしょう?それとも、サポートしてなおあの水準なのか?)

まずひとつは、西野とくっつけるこ とにしたというのに、すっきりしないグダグダした展開を続けたこと。なぜ こんなラブコメパンツマンガで、そんな鬱展開を見せられなきゃいけないんだー! 「主人公が相手を選んだ」なら、ちゃんとそれにふさわしい展開ってものがある でしょ!?(笑)

もうひとつ顕著な失敗は、引き際を完全に間違えている点です。マンガの完 成度から言えば、最後の十数話は蛇足で、学園祭終了直後、真中と西野が一夜を 過ごした直後がきれいに終わる最大のチャンスだったんですよ。

確かに真中の成長や留学問題なんかはケリがついてないんだけど、でも東城 の本気告白を断った勢いで西野と一夜も共にしちゃっているから、ある意味「 ラスボスを倒した」状態になって いて、その辺りの問題点はすべて勢い任せでウヤムヤにできちゃう。(実際、あ の辺りの号は「錬金」「Waq」と立て続けに終わっていて、私はてっきり「ああ、 それじゃ来週『いちご』が終わって、3週連続連載終了で新連載陣の露払いをす るわけね」とばかり思っていました。その後、2週経っても3週経ってもまだ誌 面から去らない怪奇現象を目にして、もう自分の目が信じられません でしたよ(笑))

その「最大のチャンス」を棒に振ってまで続行したにもかかわらず、相 変わらずストーリーの整合性や一貫性を一切ほったらかしにしたまま、パンツマ ンガの方法論のまんま突っ走ったおかげで、 その後10話くらいの東城の 扱いは完全に迷走しているんですよね。勘弁してくれー!(笑)

それ以外にも終盤にはストーリーマンガとしては余りにお粗末な点が散見さ れます。例えば学園祭の前後の流れですが、 東城と真中の間に「結界」でも 作ったかのように(笑)接触・対話を断ち誤解を増幅させ、無理矢理西野とくっ つけさせた強引さを別にしても

  1. 美鈴は無意味に「西野とつき合うようになった」ことを東城には言わない よう真中に要求するし(そんなの先延ばしにしてもしょうがない。いずれ は知ることになるんだから、早めに言っといた方がいいでしょ?)
  2. 「ブラを見つけられたと誤解した東城が部活を避けるようになった」とさ れた次の回でもう東城はこれと言った理由は何もなく 普通に部活に顔を出すようになり(何という一貫性のなさ…)
  3. 「たぶん東城に彼氏ができた」と真中に聞かされた美鈴は事情を東城に確 かめようとしないし(「東城が真中のことが好き」ということは知ってる のだし、「彼氏ができた」ことを全然信じてない様子だったから、それか ら何日かのうちには確かめようとするでしょう?特に、次項のように告白 をセッティングしようとするなら、余計にそうしようとするはず)
  4. 美鈴は真中が西野とつき合うようになったことを知っていながら 東城に告白をけしかけるし(一体どうしろと言うの!?客観的に見て、断 られる可能性だって十分ありうるはずなのに、「言えばすべて変わると思 うのに」って暢気すぎない?「断られたら東城が非常に傷つく」というリ スクが全然念頭にないようにしか見えないっていうのは、下手をするとた だの考えなしなアホに見えちゃうんだけど、何でそんなに「真中と西野が つき合ってる」という事実が存在しないかのような言動をとるの?)
  5. さらに美鈴は学園祭当日まで「東城先輩は真中先輩のこと好きなんですよ」 と言ってるけど、これまたどうしろというの!?「西野と別れて、東城と つき合え」と指図してるわけ?(いや、一読者としてはまさしくそうなっ て欲しいとは思うけど(笑)、それはそれとして)真中の女関係のだらし なさにずっと腹を立ててたくせに、せっかく「相手を決めた」真中に対し てすぐ心変わりを要求するってのはどういうつもり?(それ以前に、真中 に対しても、東城に対しても、余りにお節介すぎなのでは?惚れた腫れた なんて当事者同士の問題に過ぎないはずなのに、何でそんなことをいちい ち指図しようとするわけ!?)
  6. 「ラブ・サンクチュアリ」の実態が「番号の合った相手を連れて 来ないと参加できないイベント」って何それ!?!?!?当初 の「カップルで参加する企画」ということで学校中が浮き足立ってたとき と全然話が違うじゃん!単なる「カップル参加企画」に過ぎなかったから こそ、東城は弟と参加する予定を立てて、北大路は真中と参加する気になっ てて、西野だって誕生日プレゼントにリクエストしたんでしょう!?(こ れも果てしなく「行き当たりばったりネーム」の産物臭い…あの 「同じ番 号の演出」を後から思いついて、急遽入れようとしただけなんじゃな いのー?)
  7. 真中が西野とつき合いを再開したことを最悪のタイミングで知ってしまっ たショックで、映研の朝準備もサボった東城が、弟と学園祭に来ることだ けは予定通り実行するなんておかしくない?あんなことがあってなお、 「弟とラブ・サンクチュアリに参加する」なんてバカバカしい(だけに、 今の彼女にとってはすごく辛いはずの)イベントに参加しようという気に なんかなるはずないのでは?(生真面目な彼女が、連絡もなしに映研・文 芸部両方をサボったのは、もう学校に行く気さえ起きないほどの大ショッ クだったということでしょう?ひょっとしたらそういった事情を弟に知ら れたくなくて、追求を避けるために弟に対して普段通り振る舞おうとした、 というようなことはあるかもしれないけど、だとしても『それを隠すため に予定通り一緒に学園祭に行く』という行動より『気分がすぐれないから 一人で行って、とか何とかいう口実で学園祭はサボる』方がずっと自然な はず。大体、「朝、準備をサボった」ことを弟にはどうやって言い訳した のさ!?)
  8. それに、学園祭に来た東城が映研を手伝いもせずに、弟・友人と映画を見 るだけ見たらさっさとおさらば、なんてそんなのありえなーい!(北大路 が連れてかれて、端本もおらず、美鈴1人があんな目に遭わされてるんだ よ!?)東城は(とゆーか、このマンガのキャラは)そんな薄情な人でな しじゃなかったはずでしょ!?(端本と黒川センセ除く(笑))
  9. 美鈴も美鈴で、東城に手伝いを頼んだ様子も、「東城が顔を見せた」とい うニュースを後で兄や真中に伝えた様子もないしなー…(なんて不自然 な)。
  10. 美鈴が余計なお節介を焼こうとしたのは、学園祭前と最中のちょっとの期 間だけで、その後はもうその件がなかったかのごとくチラとも 出てこないってのも…(美鈴の行動は、ストーリーの都合上、真中と東城 の仲を引っかき回すためだけの必要性しかなかったもんだから、 用がなくなったらストーリーから完全にほっぽり出し、というわけね…)。 美鈴だけじゃなく、あの外村まで、学園祭が終わったら何の関心もなくなっ てしまったかのごとく、ってのも不思議。

………何なんですか、この杜撰きわまりない展開は。ま るで「合宿編以後、『最後は西野で行く』ことを最終的に決定した編集との打ち 合わせの中で、『今後しばらくの展開』の素案として仮組してみた 暫定プロット」を、まったく再検討もせずにそのままネームにしたか のような(笑)いい加減なストーリーです。

(この辺りは、最後 不本意に西野を最終ヒロインに 変更せざるを得なかったためにしっかりプロットを構築する気力が湧かなかっ たんじゃないか?…………というのは、やっぱり邪推に過ぎますかね。)

さらに、恋愛マンガに舵を切ったにしては、肝心の恋愛描写が妙におざなり です。別項で述 べたことの他にも、結局、西野再登場以降は「西野がひたすら真中にアタッ クを繰り返して、ハートを射止めました」というだけの、何の起伏もないつまら ん話になってしまっています。

大きな理由の1つは、真中―東城―天地という関係と違って、日暮が恋愛上 の壁としてほとんど機能してないことで、日暮が西野をちゃんと意識してモーショ ンかけたり、真中にちょっかい出してきたりする描写が全然ないんですよね。そ れらしきモノが匂わされたり、真中が早とちりでひとり相撲をとったりするだけ で(大草もほぼ同様で、一度だけWデートの回で西野にアプローチしていました が、それ以外は出番も極端に少なく、事実上「いてもいなくても同じキャラ」と 言うしかない存在でした)。ですから、西野視点での障害は、実質的に「東城の 存在」しかなかったんですよね( 「学校が違う」という障害は、西野再登場の経緯によって障害でなくなってしまっ たので)。

その唯一の障害はさすがに巨大だったので、それがちゃんと障害として機能 していれば、乗り越える過程を興味深いものとして描くこともできた可能性があ りました。だけど、実際にはご 都合に次ぐご都合で作者によって無力化されて全然機能していないので、達 成感には乏しいは、起伏がなくてノッペラボーだはで…。

もう1つ起伏がなかった理由を挙げると、本来なら東城にとっての向井のよ うに、西野の目の前で真中と接近する女子キャラが「障害」として存在するべき だったんですが、それがないんですよね。何しろ学校も塾も違うせいで、西野と 他の女子キャラの接点が非常に乏しい(西野と北大路が顔を会わせた回数なんて、 下手すると片手の指で足りるくらいしかないのでは?)。これも西野が学校や家、 バイト先なんかで「今頃、学校(塾)では淳平くんと東城(北大路・向井)さん が仲良くしてるんだろうな…自分は何て淳平くんと遠いんだろ」と思い悩んで落 ち込んだりしていればある程度は緩和でき、障害に転化することも不可能ではな かったはずなんですが、ここでもまた 「直接的内面描写がない」ことが足を引っ張っているというのが…。

とにかくこんな調子でストーリーの構築能力には多大な問題のある 人なので、どうも次回作以降が期待できません(笑)。「いちご」が長続きした のは偶然に助けられた部分が大きいのでしょう。それだけに、最後をまとめ損なっ たのはもったいないなあ、と思わされます。(編集にも問題あるよなー。次回作 (が、もしあるとしたら、だけど)からは、しっかりした原作者と 組ませてやるなり、サポート能力の確かな編集と交代してやるなりして、河下水 希には作画に専念できるような状況を作ってやんなよ)

[2007, 9/25] と思ったら、また原作なしでのジャンプでの新連載が決まっちゃ いましたよ!何て無謀なんだ!(笑)


トップページへ
全体のトップページへ
井汲 景太 <ikumikeita@home.jcom.ne.jp.NOSPAM.>(迷惑メールお断り)
最終更新日: 2015年7月20日